シングルマザー仕事探しランキング
ホーム > 仕事の求人情報 > シングルマザーのデータ入力のメリット

シングルマザーのデータ入力のメリット

情報化社会となった今日では、様々な情報をデータ化して保存するようになりました。そのため今まではそれほど需要がなかったデータ入力の仕事も需要が高いものとなり、多くの企業が求人を出しています。そんなデータ入力の仕事は主婦層に人気があります。そこにはこの仕事だからこそのメリットがいくつかあるからだと考えられます。

single09.gif
まずデータ入力と一言に言っても仕事内容は様々です。ビジネスマンが使用する名刺のデータを入力したり、お中元やお歳暮などの時期的に発注が集中するもののデータをまとめたりなどがありますが、これらは基本的に決められたフォーマットに必要な情報を入力するだけなので難しい仕事ではありません。そのためパソコンに関する知識がなくても挑戦することができます。パソコン関係の仕事となるとそういった知識やスキルが必要かと思われがちですがそれが必要ないとなると興味を持った人が挑戦しやすいというメリットがあるのです。更に1つの業務に対し1人が担当をするのではなく複数人で同じ業務にあたるので、もし都合が悪くて仕事を休んだり早退をしなければならないとなっても他の人がカバーすることができるので仕事に支障が出にくいという良さもあります。

特にシングルマザーの人となると、子どもの都合によって休みをとらなければならない、あるいは子どもが体調不良なので迎えに行かなければならないというような場合に他の人には頼れないので自分が動かなければなりません。そういった際にも融通をきかせることができる仕事なので主婦の中でも特にシングルマザーにメリットがあるのです。


データ入力の仕事はサービス業ではないので基本的にはカレンダー通りの休みとなります。またパート勤務で採用をする企業が多いので自分の都合に合わせてシフトを組むことがしやすいという良さがあります。
シングルマザーは稼がなければならないと思う反面子どものことを考えてあげなければならないというところがありますが、どちらも叶えられるのがデータ入力の仕事なのです。

時給は、800円~1600円くらい

データ入力の仕事に問われるスキルや資格は、特にないのです。ただ、やはりパソコンには慣れていて、タイピングのスピードと正確さが要求されます。

パソコンの前に座って、地道な仕事をコツコツと出来る人、タイピングが好きな人、性格に打てて几帳面な人に向いてる仕事です。

派遣の仕事や契約社員という形で働くことが多いようです。また、アンケート調査結果の入力などでは、期間限定の短期の仕事もあるようです。 時給は、地域によってまちまちですが、800円~1600円くらいになるようです。

データ入力の仕事のほかにも、電話応対や経理、事務の仕事なども一緒にやることが多いと思います。

人気の仕事ではありますが、その割には求人が少ないのが現状です。ですから、競争率は激しくなります。

データ入力は、在宅でも出来る仕事ですから、在宅ワークとして仕事を行っている方もいます。 ですが、在宅ワークでは、情報漏えいの危険があるような仕事はできないため、仕事量は大幅に減ってしまいます。 ですから、、在宅ワークとしての求人は更に少なくなりますので、簡単に見つけることは出来ないと思います。

そして、給料も、出社して働くよりもずっと下がってしまうし、安定もしていないということが問題です。

仕事のコツ

データ入力の仕事の魅力 データ入力の仕事は、かなり需要が多く、常に募集されているのを目にするでしょう。内容は、単にその会社で決められた通りにデータを入力していくというだけのもので、普通にパソコン入力ができる人であれば、データ入力の仕事をすることが十分可能でしょう。その際も、入力に要する時間が短いに越したことはないので、会社によっては試験をしてデータ入力の早さを確認されることもあります。決まった文章をたとえば5分以内でどこまで正確に入力できるか、等の力が試されます。早いか正確かといえば、早いよりも正確さが求められるはずです。 なぜなら、いくら早く入力しても間違いだらけでは意味がないからです。ですから、なるべくブラインドタッチで、できるだけ早くしかも正確に入力できるように訓練しましょう。今は、練習用にいろいろなソフトが開発されており、ゲームのようになっていて楽しめるものも多いので、楽しんで上達することが可能です。もちろん、データを入力するだけですから、時給はそれほど高給とはいえないでしょうが、できないよりはずっと良いことですし、パソコン入力はすべての作業の基本なので、しっかりとマスターしましょう。

文章・文字データ入力

紙媒体の文章をデジタル化する方法の1つとしてOCR光学式文字認識入力と、人の目視よるタイピングによる入力 があります。

しかし、まだまだOCRによるデータ変換については紙媒体の保存状態や字体により読み取り精度にばらつきがあり全ての媒体においてOCRで認識できないのが現状です。

書類がどんどんデジタル化

今現在、紙媒体でしか保存されていない文書や書類、自社書籍、申込書などの紙媒体の書類がどんどんデジタル化しております。

今までは紙媒体で重要な文書資産が保管されてきたのが一般的です。 しかし、紙に書かれたままの状態だとオンラインに活用することができません。かといってすべて社内でデータ入力し直す場合は大変な作業となります。

古い書籍や経理資料など文書の電子化が進む事で企業の健全な競争・強化に繋がります。 書類のチェック、契約書、マニュアル、図面、各種文書、手間と時間のかかる電子化ですが、今ではデータ入力ワーカーによって支えられています。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする