シングルマザー仕事探しランキング
ホーム > 在宅仕事いろいろ > サイエンスライター科学ジャーナリストって?

サイエンスライター科学ジャーナリストって?

サイエンスライターの多くは自然科学全域を活動領域とし、科学雑誌への寄稿や新聞への記事提供を行う。また、文筆活動以外にも学校教育の場などで科学世界への好奇心を持ってもらう体験授業、フィールドワーク、広報活動を行うこともあり、活動領域は多岐にわたる。

就業形態もフリーランスから基礎研究部門の担当者、新聞社の科学担当者、科学者などさまざまな領域の人材からなり、特定領域からの出身者による偏りはみられない。大学や研究所に勤務する科学者が本名とは異なる作家名を使いライターとして活動することもある。

仕事の内容

難解な科学や技術の研究の成果を専門外の人にでも読めるように、わかりやすく解説するライターのお仕事です。科学ジャーナリストともいいます。

メリット フリーで活動している人が多く、国を挙げてライターを育てようとしている働きがあるようです。

デメリット 科学系大学院以上の知識と文章力がないと難しいお仕事です。

平均所得

年収200万円(北村雄一さん談)。

必要な資格

特に資格は必要ないけれど、科学系大学院以上の知識と文章力が必要です。大学院や研究センターの研究員や博士号を持っている場合も多いです。

募集地域

早稲田大学大学院政治学研究科 科学技術ジャーナリスト養成プログラム。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする